長寿遺伝子

アンチエイジングエクササイズとは

お風呂あがりに鏡で自分の体を見た時や、外出先でガラスに写る自分の姿を見た時などに「いや~老けたなぁ~」と感じたことはありませんか?
10代や20代前半の若い頃は、何もしなくても、くびれがあって、ヒップが上がっていたような人でも、30代が近づいてくる頃から、少なからず体型の変化を感じてくるはずです。
若々しく体型を維持するためには、適度な運動をおこなうことで、筋肉をつけて代謝を上げることが大切なのですが、忙しい人や、運動が苦手な人は、面倒に感じてしまいますよね?
そこで、ここでは、毎日でもおこなえる簡単なアンチエイジングエクササイズをご紹介したいと思います。

■ ポッコリお腹を引っ込める方法
1.両足を前に伸ばしてリラックスをした状態で座ります。
2.そのまま両手を頭の後ろで組んで下さい。
※ 難しい場合は、床に手をついてもOKです。

3.その状態のまま、膝を曲げて足を浮かせます。
4.足を浮かせた状態で、ゆっくりと足を伸ばしていき、10?15秒その状態をキープをします。
※ 1セット5回程度が目安です。
はじめは、難しいかもしれませんが、少しずつできるようになるので、できる範囲で挑戦をしてみて下さい。
また、もっと簡単におこなえるエクササイズとして、私が実践をしているのが、上半身をねじって腹筋を鍛える方法です。
この方法は、歯を磨いている時、髪の毛を乾かしている時など、何かをしながら簡単におこなうことができます。
後ろを振り返るように上半身だけをひねって、10秒くらい状態をキープをするだけなのですが、長く続けることで、確実に効果が現れる方法です。

■ たるんだお尻と脚を引き締める方法
1.ゆかに座って、自分が開けるところまで足を開脚します。
2.上半身をゆっくり前に倒します。
※ 自分がおこなえるギリギリのところまで倒して下さい。
※ 倒した状態で10?15秒キープをして下さい。

3.足の指先を触るようにして、開いた左右の足に向かって交互にゆっくりと体を倒します。
※ 倒した状態で、10?15秒キープをして下さい。
体が硬い人はとくに難しいかもしれませんが、毎日おこなうことで、徐々にできるようになっていきます。
慣れてくると、筋が伸びる感覚を気持ち良く感じて、癖になります。

もっと、簡単におこなえる方法として、私が実践をしている方法は、お尻の穴をキュッとするようなイメージで、つま先立ちをする方法です。
茶碗を洗いなどの家事をしながら簡単におこなうことができます。
頭を上に引っ張るイメージで背すじを伸ばしておこなうと、さらに効果的ですよ。

このページの先頭へ