長寿遺伝子

女性のためのアンチエイジング方法

美しい女性とはどのような女性だと思いますか?
目鼻立ちがはっきりしていて西洋人のような顔立ちをした女性でしょうか?脚が長くてすらっとしたモデルのような体型をした女性でしょうか?
しかし、このような見た目は、生まれながらに持っている場合がほとんどです。
どんなに美しい顔立ちをしていて、スタイルが良い女性であっても、が荒れていたり、姿勢が悪かったりすると美しくは見えませんよね?
女性の美しさとは、一部分の見た目が美しいことを言うのではなく、全体を見た時に、自然とかもし出される雰囲気のことを言うのではないでしょうか?
ここでは、女性を若く美しく見せるための、6つの方法をご紹介します。

1.美しい肌を保つ
どんなに綺麗な顔立ちをしていても、肌が汚いだけで美しく見えない場合があります。
ハリや艶があって、シミが少なく、透明感のある肌の人は、それだけで若々しく見えるものです。
美しい肌を保つためには、抗酸化作用のある食材を多く使用した食事をとりように心がけたり、ストレスのない規則正しい生活を送ることで、女性ホルモンや成長ホルモンなどの美容ホルモンの分泌を活発にさせることが大切です。

2.姿勢を美しくする
どんなに容姿が美しい人であっても、猫背で膝が曲がった状態になっているだけで、一気に老けた印象になります。
目線を少し上に向けて、背筋を伸ばし、大きな歩幅でしっかりと歩くだけで、若々しい印象に変わります。

3.知的である
色々な情報を持っている人は、会話を楽しくおこなうことができますし、好奇心が旺盛な人は、若々しく魅力的に見えるものです。
ただし、他人の情報を多く持っていて、噂話ばかりをしている人は知的とは言えません。
知的な人とは、正しい情報と間違った情報の判断を、しっかりとおこなうことができて、必要な場面で持っている情報を取り出すことのできる人のことを言うのです。

4.ポジティブに考える
マイナスな考え方は、周囲の人にも伝染をして、周りの人の気持ちまでも落ち込ませてしまいます。
同様に、ポジティブな考え方も、周囲の人に伝染をすると言われています。
ポジティブな人は、笑顔が多く、いきいきとしているので、周りの雰囲気を明るくさせますし、何よりも若々しい印象を与えます。

5.体型をだらしなくさせない
アンチエイジングをするためにダイエットをおこなっている人は多いと思いますが、痩せている人が、必ずしも若く見えるというわけではありません。
確かに、太り過ぎている女性は美しくはありませんが、健康的に痩せていなければ、逆に老けた印象になる場合もあります。
若く見せるためには、体重が増えないようにすれば良いのではなく、下がったヒップやバスト、たるんだお腹などの、だらしない体型にならないようにすることの方が重要です。
そのためには、日頃から、姿勢を正して、適度な運動をおこなうことが大切です。

6.手と首が美しく保つ
手や首は、紫外線にあたりやすい場所でありながら、顔のようにケアをおこなっていない人が多いため、老化が現れやすい場所だと言われています。
そのため、顔だけではなく、手や首にも小まめに日焼け止めをつけて、シャワーに入ったり、手を洗ったりする度に、保湿クリームをつけるなどのケアを行うようにしましょう。

このページの先頭へ