長寿遺伝子

気になるナチュラルアンチエイジング法

皆さん、「ナチュラルアンチエイジング」という言葉を耳にしたことはありますか?
この方法は、カイロプラクターである勝田小百合さんという女性が開発をしたアンチエイジング方法で、彼女が書いた本の出版をきっかけに、美容に感心の高い女性を中心に注目を集めています。
アンチエイジングと聞くと、少しストイックなイメージを持っている人も少なくないと思いますが、勝田小百合さんが推奨をしている方法は無理をしておこなうようなものではなく、自分のできる範囲内で日常生活に取り入れて行くアンチエイジング方法です。

若い頃の体を取り戻す事だと考えている人が多いと思いますが、勝田さんの考え方は若さを取り戻すのではなくて、体の内側から健康になって年相応の美しさを手に入れることが本当のアンチエイジングだと言うのです。
確かに、高い化粧品を使って、エステに通ったり、美容整形をおこなってシワを伸ばしたりして手に入れた美しさは、作られた美しさで、自分に力で引き出した天然の美しさではありませんよね?
勝田さんがおこなっているナチュラルアンチエイジング法には、さまざまな方法があるため、一言で説明をすることは難しいのですが、ここでは、化粧品と食事について簡単にご紹介をしたいと思います。

まず、化粧品は無添加の自然派化粧品の使用を推奨されています。
具体的には、植物や天然鉱物などの自然の成分を主成分としていて、石油由来のケミカル物質、合成防腐剤、タール色素、合成ポリマー、シルコンオイル、合成界面活性剤(植物由来も含む)を一切使用いていない化粧品だそうです。
実際に、このような化粧品を見つけ出すことはとても難しいようですが、勝田さん自身で、化粧品をプロデュースされているようなので、気になる方は調べてみると良いかもしれません。

また、洗顔方法にもこだわりがあり、人間本来が持っている自然治癒の力を失わないためにも、必要以上の洗顔は勧めていません。
石鹸を使用するような洗顔は、毎回おこなわないようにして、水で洗う時には、水道水ではなく、弱酸性のミネラル水を使用して拭き取る程度で済ませます。
食事方法については、さまざまな方法を紹介されているので、健康な体を作るために必要と言われている栄養素を少し紹介したいと思います。

まずは、たんぱく質です。
人間の体は、水分を除くと、約40%以上がたんぱく質によって構成をされています。
たんぱく質と聞くと、肉類にだけ含まれている栄養成分だと思われがちですが、大豆などの豆類にもたんぱく質は多く含まれており、植物には、食物繊維、ビタミン、ミネラルなども豊富に含まれているため、肉類を多く食べるよりも大豆を食べて、たんぱく質を摂り入れることをお勧めします。

次に、オメガ3系脂肪酸です。
アンチエイジングの鍵を握る脂肪酸と言われており、オメガ3系脂肪酸が不足をすると、肌荒れ、抜け毛、アレルギー、精神不安、疲労などの症状が現れると言われています。
オメガ3系脂肪酸が含まれている食材には、亜麻仁油、えごま油、くりみなどがあります。

最後に、発酵食品です。
発酵食品には、悪玉菌の活動を抑制して、善玉菌を増やす働きがあるため、腸内活動を活発にさせて、新陳代謝を正常にしたり、免疫力を高めたりするなどの効果が期待できます。
身近な発酵食品には、納豆、味噌、漬物などがあります。
勝田小百合さんが推奨をしているナチュラルアンチエイジング法には、他にもさまざまな方法があるので、興味のある方は、彼女のブログの内容が書かれている「アンチエイジングの鬼」や「ナチュラルアンチエイジング きれいを保つ60の習慣」などの著書を購入してみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ