長寿遺伝子

成長ホルモンを見方につける!アンチエイジング

成長ホルモンの名前には、「成長」という言葉が入っているため、成長時期にある子供にのみ分泌をされるホルモンだと考えている人も少なくありません。
しかし、成長ホルモンは、成人の大人も分泌をしているホルモンであり、身長を伸ばすなどの成長に関する作用以外に、代謝機能を正常にさせる作用があると考えられています。
また、成長ホルモンの代謝作用によって、アンチエイジングをおこなうこともできると考えられているのです。

代謝機能を正常になることで、肌のターンオーバーのサイクルを整える作用や、ストレスや紫外線などでダメージを受けた肌を修復する作用などがあるため、ハリや弾力があり、くすみの少ない、水々しい肌を維持することができます。
また、成長ホルモンには、筋肉量を増やす作用があるため、代謝を上げて痩せやすい体を作ることができますし、脂肪を分解する作用があるため、ダイエットの効果を期待することもできます。
さらに、代謝機能が正常になることで、加齢と共に発生率が高くなる成人病などの病気を予防する効果もあると考えられています。

しかし、成長ホルモンの分泌量は、20代くらいから徐々に減少を始めて、40代になると、ピーク時の半分近い分泌量にまで減少をすると言われています。
そのため、若さや健康を維持するためには、意識をして成長ホルモンの分泌を促す必要があります。
成長ホルモンの分泌を促すためには、主に3つの方法があると言われています。

まず、ひとつは、質の良い睡眠をとる方法です。
美容のためには、夜10時~深夜2時のゴールデンタイムに睡眠をとることが重要だと言われていますが、実は、成長ホルモンの分泌は、この時間帯に最も活発になると考えられているのです。
ただし、この時間帯に睡眠をとるだけでは、まだ、不十分で、深い睡眠を3時間以上がとることが重要だと言われています。

次に、適度な運動をする方法です。
運動によって、筋肉に傷がつくと、その傷を修復するために成長ホルモンの分泌が活発になります。
激しい運動ではなく、ウェイトトレイニングを15分程度おこなうだけでも効果があると言われています。

最後に、成長ホルモンの分泌を促す食材を摂取する方法です。
アミノ酸の一種であるアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す作用があると言われています。
アルギニンが多く含まれている食材には、納豆や豆腐などの大豆食品、エビなどの魚介類、鳥などの肉類、ナッツ類やゴマなどがあります。

このページの先頭へ